よくあるご質問

リサイクル

自動車リサイクル法が必要な理由

現在、国内で年間約400万台排出される使用済自動車は、約20%がシュレッダーダストとして主に埋立処分されていますが、解体業者や破砕業者によって約80%がリサイクルされています。

主な理由として
(1)シュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残る廃棄物)を減らすため
(2)不法投棄・不適正処理をなくすため
(3)地球温暖化を防ぐため の3つがあげられます。

日本では、産業廃棄物の最終処分場はもう残り少なく、シュレッダーダストの埋立処分量を減らす必要性に迫られています。シュレッダーダストの処理にかかる費用の高まりや鉄スクラップ価格の低下・不安定な変動などにより、これまでのリサイクルシステムが機能しなくなりつつあることから、不法投棄や不適正処理などが心配されています。

カーエアコンに利用されている「フロン類」は正しく処理されないとオゾン層破壊や地球温暖化を引き起こす原因となります。また「エアバッグ類」についても適正処理の必要性が高まっています。
このようなことから、新しい車のリサイクルの仕組みとして「自動車リサイクル法」が作られました。

どんなお車でも0円以上買取保証。どこよりも高く買い取ります!

廃車買取の無料査定お申込み

年中無休で廃車買取致します。お盆もどしどしお問合せください!

土日・祝日も休まず営業!どしどしお問合せください!

【買取査定価格保証】

無料査定後、現地で買取価格を下げることはありません。
買取金額を見てからのご判断はもちろんOK!
安心して無料査定をご利用ください。

  • たいせつにしますプライバシー10840435(05)
  • 当社は 「プライバシーマーク」を取得し個人情報の保護につとめています。